2015/08/17

混合気、圧縮、火花と言えば…


今回は、エンジンの基本について書いていきます

お付き合い、よろしくお願いします。


(motoistから図面引用)


【エンジンの可動工程】
(1)霧状の燃料と空気の混合気をシリンダー内に「吸入」
(2)混合気を「圧縮」
(3)圧縮混合気にスパークプラグで点火・「燃焼」
(4)シリンダー内の混合気を「排気」

この1~4の順番でピストンが上下運動して、

その運動力がクランクシャフトに伝わり、

回転運動に変わります。


【良い混合気に欠かせないモノ】

それは、良い燃料と綺麗な空気です。

燃料については、省略させていただきます。

綺麗な空気に関しては、

空気内のホコリなどをシリンダー内に入れない為に、

エアフィルターがあります。





写真の左側が新品、右が使用済みです。


使用していくうちに汚れていきますので、

点検・交換を行うようにしましょう。


【点火時に必要になるのが、スパークプラグ】



こちらは使用済みののスパークプラグです。



そして、こちらが新品のスパークプラグです。

中心・接地電極の状態の差が明らかに違いますね。


【走行距離による交換目安】

エアフィルターの交換目安:4万kmくらい

スパークプラグの交換目安:6万kmくらい


どちらも12ヶ月点検などで点検します。



日頃の基本的な点検・部品交換が、

エンジンの寿命を延ばしますので、

点検はキチンと行いましょう!!


ではでは、またお会いしましょう
\(゜ロ\):(/ロ゜)/

コメント

非公開コメント