--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/24

32型GT-Rの価格高騰と海外流出



(カーセンサーの画像から引用)

写真は、フロント部を撮影したものですが、

個人的には、GT-Rの

リア・テールランプが好きです。




【スカイラインGT-Rの価格が高騰している】

先日、整備士の先輩が「スカイライン・32型GT-Rの整備をした」という話から会話が弾み、

同車の中古車相場における価格が高騰しているとの話を聞きました。

状態によって異なりますが、150万円~500万円になるそうです・・・


そういえば去年の暮れに、中古自動車販売店のオーナーさんからも

同じような話を聞いていたことを思い出しました。

買い付けには、海外の方が増えてきているとのことです。

輸出先は、アメリカが多いようです。


32型GT-Rの価格高騰と海外流出の大きな要因として、

同車が、「25年ルール」(通称?)というアメリカでの

自動車の輸入規制ルールの対象外になったことが挙げられるそうです。





【「25年ルール」を調べてみました】

アメリカで直販されていない自動車は、

安全に関する規制などにより、

自動車の輸入に関して制限がかけられるようです。


しかし、

製造から25年経過していれば、「クラシックカー」として扱われ、

安全に関する規制が緩和されるので、

輸入制限の対象外となるようです。



輸入制限の対象外となった自動車は、

輸入されやすくなる傾向があるようです。


32型GT-Rは、1989年から製造されました。

2014年に、25年経過車となりましたので、

輸入制限の対象外となりますね。




【日本から名車が流出するということは】

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の合意によって、

輸出入の規制も変わっていくのでしょうか?

日本から名車が流出するのは、少し寂しいですが、

海外から注目されていることを知ると、嬉しくもあります。


良い車が欲しいという気持ちは、万国共通のようですね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。