2016/07/25

ユーザー車検④更新


予備車検場から軽自動車検査協会に戻って来ました




写真に写っているのが、MYビートです。


【受検開始】

まずは、検査員による車台番号とエンジン型式の確認が行われます。

次に、検査員の指示通りに各種ライト類を点灯させます。


検査員の目視による確認が終わると、排気ガスの測定です。


排気ガスの測定が終わると、サイドスリップの検査になります。




白い線の間を真っ直ぐに走らせて、サイドスリップの検査が行われます。

サイドスリップの検査の後は、光軸検査です。

ビートは18年超過車両なので、ハイビームで検査が行われます。




光軸検査の後は、スピードメーターの検査があります。

その後は、フットブレーキ、サイドブレーキの順番で各ブレーキの検査となります。


これらが終わると、最後は車体検査になります。

検査員の目視による自動車の下廻りの検査となります。


これらを全て合格すると、車検は終了です。

後は、新しい車検証を発行してくれる窓口に行き、

必要な書類を提出して、新しい車検証とステッカーを貰って終了です




初めてのユーザー車検は勉強になりました。


車検費用合計…37605円
(内訳)
検査手数料…1400円
重量税…8800円
自賠責保険更新…26370円
予備車検代金…1000円
申請書…35円


これにて、MYビート、ユーザー車検編は終了です。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント